トイレの争奪戦に敗北する。

ほんと、嫉妬するぐらい、「あなた、モテ期なの??」って言いたくなるぐらい、トイレって無性に人気な時あるじゃないですか??

我こそが、我こそがっつて、ダチョウ倶楽部みたいに「どうぞ、どうぞ」なんて言ってくれればいいのに、

おしりから出る「アレ」は全然待ってくれないわけで、我こそが、我こそがっつて各自のおしりから出ようとするわけなんですよね。(お食事中のひとゴメン。)

だから、「どうぞ、どうぞ」なんて言うわけにもいかず、毎日、その魅力に取りつかれて争奪してんですけど。

こりゃ、家にトイレが二個あったらこんなことにはならないのに。

話しがらっと変わるけど、うちの息子君は日本語がへたくそ。

生粋の日本生まれ、母も父も日本人、れっきとした日本人なはずなのに「お前滝沢カレンに憧れてんの??」って言いたいぐらい日本語がヘタ。

スポンサーリンク

ほんと、こんな感じ。

親としましては、頭をかかえてしまうレベル。

まあ、確かに??私も上手ではない。

小学3年生だしこんなもん?とも思ってしまうけど、やっぱ友達に「はなムスコくんって日本語変だよね」って言われるらしい。

うむ、変だ。

でも、ほおっておくわけにはいかないので、その都度直してるわけですが。

とっさはやっぱり判断できない。そんな、凄腕わたしにもないのだ。

話を戻して今日は言うなれば、小の方でムスコくんと争奪戦を繰り広げました。

勝敗を決めるにはやっぱ、白黒つけないじゃんけんでって事で「じゃんけんぽーん」ってやってたんです。

うん。負けた。

でもね、ゴチャゴチャなんか言ってるもんだから「お先に~」っつて入ろうとしたわけです。

三滴ぐらいでてたし。

そしたら、手をつかまれて言われたの。

「女の人はさーー、便器に座らなきゃいけないし、した後すべすべしなきゃいけないし、長いじゃん。」って。

は??え??すべすべ??

いや、すべすべのジェスチャーやってっからわかるけど。

要は、用を足した後に紙でだいじな所を拭く事を「すべすべ」と言いやがった。

やべえ。ムスコよ。そんなんじゃ、社会を生きていけないぞ。

今時、コンビニだって“丁寧さ”が必須とされてんだから。電子レンジで温める時、「これ、チンします??」なんて言えねーぞ?

な~んて思ってるうちに、ムスコがトイレに入っていってしまった。

まあ、じゃんけん勝ったし?

私の順番ぬかしがいけないし?

大人だからね★子供優先。

って思ってたら、5分たってもでてこない・・・。

「カラカラカラカラ。。」

「ゴウラアアア~~!!!てめーーすべすべしてんじゃんかよーーーー!!!」

「あーー今日のう○こはいい形だな~~」つてお尻ふいてた。

一本取られた、Hana家はきょうもにぎやかです。

スポンサーリンク

トップへ戻る