転職でパチンコのバイトをしようと考えている人に、お送りしよう。

こんばんわ、Hanaです。

今回は、高時給のパチンコのバイトをしようと思っている方に元パチンコ店員からの主観でお届けいたします。少しでもお役にたてれば嬉しいです!

なにをやるの?

仕事内容は簡単です。

  • お客様がご遊戯されているドル箱の上げ下げ
  • 遊技台、カウンター、灰皿などの清掃(ここでのカウンターは遊技台下のドル箱を乗せる場所を指します)
  • 簡単な接客
  • 玉づまりなどの解消
  • メダルの補充
  • ゴト師がいないかのチェック
  • 交換作業

主な内容はこんな感じでしょうか。ホールによっては灰皿清掃がなかったり、トイレ掃除をしたりとありますが本当に簡単な作業ばかりです。

しかし、なぜこんなにもお給料がいいのでしょうか?そこには、やはりそれなりのリスクがあります。

時給はなぜいいの?

まず、第一にハードです。体力を要します。体育会系です。常に立ちっぱなし、歩きっぱなしなので足が棒になります。
同僚の子は足の裏の皮がべろべろにめくれて、とても痛々しかったです。

それと、ドル箱の上げ下げのある所はほとんどの人が腰をやられてしまいます。なので、コルセットを巻きながら仕事する人がほとんどです。
しかし最近は神機械が普及してきて「パーソナルシステム」と言って一台一台に計数機(ジェットカウンター)がついていてお客様がレバー一つで交換できてしまう優れものを導入しているホールも増えてきたので、ドル箱の上げ下げや交換作業がない所もあります。そういったホールで働くと腰の負担は軽くできます。

ただ、良く聞くのはパーソナルの店で働くと時間が長く感じるそうです。というのも、主にドル箱の上げ下げやプレートを立てる、お客様の後ろの積み上げたドル箱をさも出てるかのように演出するのは店員の役目であって、ほぼその業務がメインだからです。
それと、女性の方はパーソナルのお店で働くとヒールで歩きまわらなければいけないホールも見かけます。やはり接客メインになるため、それなりのビジュアルと姿勢の良さ、若さも採用の要点として見ている所もあるようです。

第二にゴト師に遭遇です。
彼らは犯罪者です。刃物やスタンガンを持っている事もしばしあるそうです。あやしいお客様を見かけたらすぐに離れるように指示され、社員がおでましいたしますのでバイトにはあまり危険な事をさせるのは少ないですが、やはり危険と隣り合わせと言う事も覚えておいてください。

と言っても、私はゴトシより負けたおばちゃんに怒鳴られる事の方が怖かったですが(・・;)(あいつら血走ってるからヘタなやからより勢いがある)

私が働いて思ったのは、時給の良さと仕事量が比例してないと思いました。日本にはまだ体を使えば使うほど対価として帰って来る認識がありますが、その認識でいけばあきらかにもう300円ぐらい高くてもバチはあたらんだろ!とよく思っていました。それだけ、ハードです。

ただ、私みたいな30代前半のヒョロヒョロの運痴でもドル箱は持てたし、一日中歩き回れたので、気合さえあれば乗り切れることだけは言っておきます。

第三に、爆音とタバコの煙です。どこのホールもうるさいので人の話し声が聞こえません。三割ジェスチャーと、業務通達はインカムでやりとりします。
家に帰って来るとキーーーンと耳鳴りがよくしていました。それと、たばこの煙はもろかぶります。苦手な方は無理です。分煙にしているホールもありますが、たばこの吸う島の担当になれば煙をかぶるので、分煙の所で働いてもタバコ問題はつきまとう事を覚えておいてください。

スポンサーリンク

そうだ、下見に行こう!!!

働きたい!と思ってもちょっと待ってください。

やはり、現場を見に行った方がそのホールの特色がわかるのでためになります。できれば少し打ってみてどんな接客をしてくれるのか見れると一番いいと思います。パチンコをやらない人はただぶら~と見学するだけでもいいと思います。

見るポイントとしては

  • 店員のみなり→社員はだいたいカッターシャツ来てネクタイしめてるから、それ以外の人を探しましょう。厳しい所は茶髪不可、ピアス不可、ネイル不可などホテルマンみたいなビシっとした人達がずらりと居ます。大手のチェーン店だとそういった店もあるよです。こういう人達のいるホールはだいたい姿勢も正されますし、お辞儀の仕方や、ひざを何度に曲げて箱を渡すとか厳しい接客マニュアルがあるようです。私の行っていたホールは、みなりはそこまで厳しくありませんでしたが、姿勢とお辞儀の仕方は正されました。また、ホールによってはヒールだったりスニーカーだったりするのでどんな靴を履いているのかも見ておくといいと思います。働いている子の雰囲気も自分と合っているかなどもリサーチしておくといいでしょう。

  • お客様層→だいたい高齢者の憩いの場になってるのですが、たまに怖い人達のたまり場もあるようです。怖い人達もお客様なので、どうこうしてくるわけではありませんが、接客しやすいのはやはり高齢者の方がしやすいと思います。ただ、どこにでも台をたたいたり、負けると罵声をあびせてきたりするマナーの悪いお客様がいる事は覚えておいてください。でも、そんな事でいちいち沈んでいたら身が持ちません。あまりにひどいお客様はマネージャーに対応を変わってもらえたり、入店禁止になったり措置をしてもらえるので安心して転職してくださいね。

  • ホールの広さ→意外と狭い店舗の方が自分の持ち島が多い場合があります。二人態勢とかだと、一人がエラー対応に追われているとホール全体を一人で見たりしなきゃいので、店舗が大きくて人員が整っている所の方がテンパる可能性が少ない気がします。ただ、人が多ければ多いほど変な人も居ると思って下さい。
    お金が欲しいシングルマザーや、普通の会社で働きたくないでもお金は欲しい男の子、ニートしてたけど仕方なく就職したアニオタもよく集まります。

働く形態はだいたいがパートだと思ってください。時間は早番8:30~4:30頃と遅番4:30~12:00に別れます。あとホールによっては中番11:00~7:00とかもあったりします。自分の働きたい時間を考慮してくれるホールもあると思いますのでこれは、面接に行く前に確認しましょう。

福利厚生はすごくしっかりしています。有給もちゃんとつくし、健康保険や厚生年金なども引かれていました。それと、私は産休、育休を取得しました。わけあって仕事復帰はかなわなかったですが、出産後にお金が入りとてもありがたかったです。

パチンコバイトは楽しい

イベント時にコスプレしたり、有名人が来たり、仲間とワイワイおかしを食べたり本当に楽しい時間を過ごす事ができました。

私の中で楽しかったバイト歴代三位に入ります。友達も違うパチンコ屋さんで働いていたのですが、とても楽しかったと言っていました。

悩んでいる人は、まず面接に行って話を聞いてくるだけでもいいんじゃないんでしょうか?

※その他質問うけつけます。

~Hana~

 スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

フォローする