2chでいう所のパワー系池沼(障害者の子)が、実家で暴れてる。どうしたらいいかわからない。

こんちには、Hanaです。

今回は2chネタっぽい記事を書いてみたいと思います。ネタといいますが、実際の所困っているので情報をくれたら幸いです。

※注意点※

  1. スレッドではないためレスがありません。個人的見解がつらづらと書いてありますので、興味のない方は退室お願いします。
  2. 内容が内容であるため、気分を害する方も居ると思います。苦手な方はお断りいたします。
  3. 釣りではありません。釣りたいとも思いませんが自分の心のモヤモヤを書いて鬱憤を晴らしたいだけです。批判意見も真摯に受け止めますが、理不尽な意見でしたらスルーいたします。

以上の内容を守ってよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スペック

まーくん、男子、中度知的障害(障害の名前は詳しく認定されなかったが、「精神遅滞」と書いてあった)、35歳、兄弟は歳の離れた頭のいい姉がいる。知能の発達は見られるものの体はピンピンしている、電車が好き。

私←詳細はここ

子供の頃

私のスペックにも書いてあるが、なぜかまーくんと一緒に住んでいた。二世帯みたいなもんだと思ってくれ。(厳密には三世帯。)

おばあちゃんが自分の子供連中を監視下に置いときたかったんだと思う。過保護のかほこ。おばあちゃんがなんでも仕切っておばあちゃんが敷いたレールの上を走らないと怒る。
そうやってうちのお父さん達は生きてきた。おかげでお父さんは好きな車の仕事にもつけなかったし第一自由がなかった。

そんな、組織染みた家が私は大嫌いだった。

おばあちゃんの子供は4人いるが一番上の姉はおばあちゃんの組織から逃げるべく遠くに行った。二番目の姉がまーくんのお母さん、三番目の姉は一緒に住むことを旦那さんが拒んで近くのマンションを購入。組織から外れた旦那さんにおばあちゃんは敵意むき出しで嫌っていた。おかしいぞ、ばばあ。
末っ子長男のうちの親は一人男と言う事もあり、おばあちゃんの組織から逃げられなかった。

要はおばあちゃんと二番目姉家族、四番目弟家族が一緒に過ごすといった形だ。ちなみにおじいちゃんは、私が幼い頃に亡くなっている。

小さい頃は和気あいあいと過ごしてた。お正月とかうちに親戚中集まってすごろくとかやってたし。裏が全然見えなかった。

ただ私には心のストレスが蓄積していった。

大きくなるにつれてまーくんが普通じゃないと認識していったから。同じ屋根で過ごして(といっても、マンションみたいな感じで玄関は別々。だがまーくんにしてみればおばあちゃんの家だから勝手にふらふらうちに来る。)しかも同い年。まーくんは何を言ってるのか50%ぐらいわからなかったが私にはわかった。なのでまーくんとのバイリンガルみたいな事もしていた。とてもじゃないけど思春期の私には辛かった。

そのせいでいじめられたし。「お前、まーくんとSEXしてるんだろ~」みたいな事も言われた。
当本人のまーくんはというと、いじめられてもみんなが支援してもらっていた。先生なり、回りの同級生なりがまーくんの事を助けるのだ。

私はいじめられっぱなし。誰にも言えない。こんな環境だから引っ込み思案になっていったし、助けてが言えなかった。
おかげで性格がひん曲がっていってしまって、そのうっぷんを晴らすべくまーくんをいじめた。(最悪なやつ)

メンヘラ

大人になると、まーくんとは別々の道を歩んでいた。まーくんはお弁当屋さんに働きに行っていた。

朝早くから起きて、電車に揺られて。ちゃんとお給料も持って帰ってきていたし本当に素直で良い子に育っていた。お弁当屋さんで宗教やってるおばちゃんに良くしてもらってボランティアで支援してもらいながら、きちんと働いていた。やっぱりここでもまーくんは人に助けられていた。

私はというと、会社でいじめられてメンヘラのうつ病になって会社辞めた。うつと言ってもただのかまってチャンなのかも。辞めてから家に引きこもってなにもしずに一日ぼーっと過ごしていた。ほんと私の方が池沼かよって言いたいぐらい。リスカして、泣きながら彼氏とかに電話して。「死にたい」とか言っちゃう。

友達とか彼氏とかに「お前甘えてんなよ」ってしょっちゅう言われた。だから、すぐに彼氏に振られる。それでもさみしいからすぐに次の彼氏を作ってしまう。
親も腫れ物に触るかのような感じだった。

ただ、子供の頃の心の叫びを聞いてもらって共感してもらいたいだけなのに、みんな重たすぎて逃げてしまうんだ。

そんなある日事件は起こった。

まーくんのリミッター解除

お弁当屋さんの宗教やってるおばさんが辞めてしまったことで、他のおばさんがまーくんの事をいじめるようになった。すぐにまーくんをお弁当屋さんから辞めさせれば良かったものをおばあちゃんが、「なかなかこんな子雇ってくれる場所がないから」と辞めさせるのを拒否した。

会社の上司は見て見ぬふりだったみたいで、まーくんへのいじめはだんだんエスカレートしていったみたいで、まーくんは会社を休みがちになった。

それでも、「なまけもの」扱いでまーくんを仕事に行かせようとおばあちゃんが必死になっていた。どんだけ鬼畜なんだよ、ばばあ。

そこから、まーくんの性格が変わってしまった。
温厚だったまーくんがチョットした事でブチ切れるようになってしまったのだ。いわゆる2chでいうパワー系に変身。

当時、体型はたぶん175cmぐらいの80kgぐらいの重量級。
暴れると手に負えなかった。叫びながらガラスや壁をぶっ壊して時には「自殺してやる~」とベランダから飛び降りそうになった事もあるらしい。(現場は見ていない)

止めに入ってたのは、まーくんのお母さんだと思う。まーくんのお父さんは離婚していないし。

あんなに辛い思いさせて通わせた結果、精神的に参ってしまったのだろうと思うといたたまれない。そもそもくそばばあが厳しすぎなんだよ。

さらに・・・

まーくんのお母さんも軽い知的障害があったとみられる。

私が見解するに、ADHDだ。かたづけができなかったり、水道の蛇口はMAXだし、話し始めると機関銃のように止まらないし。
でも、お母さんに「おばさん、障害あるよね?」と言うと「そんな事口が裂けてもおばあちゃんの前で言っちゃだめだよ!」と言われた。なせ、障害のある人に障害があると言ってはいけないのだ?

現実と向き合わなくてほったらかしにしているおばさんの事をいつも「出来の悪い子供」扱いでおばあちゃんはグチグチ言っていた。心の中で「おばさんには障害があるんだよ」と私はつぶやいていた。

そういった色々な心労が重なって、さらにはおばさんまでがおかしくなってしまった。
いままでウチの仕事を手伝っていたのに来なくなって家に引きこもりがちになり、家の中はゴミ屋敷と化し、家の中で水をばらまいたり、火を炊いたりするまでになってしまった。

私が「おばさん病院に連れて行けば?」とおばあちゃん達に言ったのに「たぶん引き取ってくれないだろう」と諦めていた。
後かたずけは弟のうちのお父さんがやっていた。

その間にもおばさんはどんどんおかしくなっていった。
家の中がゴキブリだらけになって人が住めないような空間で過ごしていた。こちらが「汚いよ」と言うもんなら「なにが汚いんだーー!ゴキブリをいっつも嫌いやがってーー!!」と叫ばれた。おまえは生類憐みの令を守ってんのか?といいたくなるような。

最終的には髪の毛はボサボサでお風呂も何か月も入っていなくて、顔にはススがついていて、生気を吸い取られた抜け殻のような状態で精神科に入院させることになった。

まーくん施設から拒否られる

おばさんが入院して、ゴミ屋敷を片付けてひと段落したように思えた。
その頃、まーくんは施設で過ごしていた。週末に家に帰ってきていたんだけど、そのまーくんが施設で暴れたので拒否されて出てきてしまった。まーくんの家族は実家に居ないので、おばあちゃんとうちの親が面倒をみなければいけない。施設はいいよね。「拒否」って言ったら追い出せるんだもん。

パワー系なので、暴れると手におえない。一度救急車を呼んだこともあるらしい。
そんな事が重なりうちの親はぐったりで体調を崩してしまった。

まーくんのお姉さんも世帯を持って小さな子供を育てているからなかなかまーくんを見られない。手続きや面会には行ってるみたいだが。
今また入院をする事になったが、また暴れたら逆戻りだろう。

まーくんのお姉さんは私がぬくぬくと育っていたと思っているだろう。メールを見ると「お母さん達に甘えればいいよ。うちは無理だからさ。」ってゆうメールが来る。

たしかに私は環境的には恵まれているのかもしれない。だけれど、これだけは言っておきたい。

まーくんの同じ学年の異性だったばっかりに壮絶ないじめを受けたことを。

2chで見る池沼スレ

このスレ主は本当に優しい方なのだなと思います。私にはおむつなんて変えるとかできません。ただ、お姉さんがおとなしいのはうらやましいです。なんせ、パワー系止めれないんで。
うちの親が最近漏らしてました。「自分の子供だったらまだ愛情があって、諦めがつくんだろうな」、「はたから見たら自分の子だと思われているのがとても嫌だ。」と。

いま、私はまーくんの問題を背負ってるわけでもないし、おばさんに面会しに行ってるわけでもありません。しかし、少しぐらい私の意見をきいても良かったんじゃないんでしょうか?

「まーくん、お弁当屋さん辞めさせれば?」と、「おばさん病院連れてけ」と言ったのに、問題を直視しなくて長引かせたことにより二人ともおかしくなってしまった事は否めません。でもうちの親が悪いわけじゃありません。おばあちゃんが独裁主義だからこういった大惨事が生まれたと私は思っています。

本当に見ているとまーくんはいつ犯罪を犯してもおかしくありません。そういった場合、親が居ないのに保護責任はどこにいくのでしょう?

もう私達の手には負えません。

昔は産婆さんが障碍児を絞殺したといった記事も観たことありますが、世の中の大半の人達のためにそれも有りだと私は思います。それをダメだと言っている以上、そういった施設を充実させて欲しいです.(切なる願い)そして、簡単に追い出させないでほしいです。

よかったらハテブロにも書いていますので、どうぞ。

~Hana~

スポンサーリンク

コメント

  1. Bablofil より:

    Thanks, great article.