なんだか普通の人とちょっと違う?!アダルトチルドレンの思考傾向を観察してみた。

こんにちは。Hanaです。

今回はアダルトチルドレンの思考を観察してみた事を書いていきます。ただし、全員が当てはまるとは限りません。

悪魔でそういった傾向があると言うことで参考にしてみてください。

また、前回の記事は子供を可愛がれないママについての記事を書きました。アダルトチルドレンに関連してますのでよかったら覗いてみてください。

不安定

アダルトチルドレン(以降AC)の方は不安定です。

不安定がゆえに「死にたい、消えてなくなりたい」とよく思います。また痛みを感じて生きている事を実感する時もあります。

リストカットやアームカットはこのたぐいです。死にたくて腕を切る人は少ないです。

傷をつけてみんなに「大丈夫?」と心配されたい人もいます。

本当はかまってもらいたいのです。自分に気を引きたいのです。そうしないと価値観がみいだされないのです。

うつを大体発症しているのですがACと気づいていない人は何が苦しいのかよくわかってません。でも苦しいのです。

闇が好き

スカル、ゴスロリ、包帯、ビジュアル系などに惹かれがちです。また、ギャル、個性派などの自分を主張する格好も好みます。

常に自分否定なので、整形を繰り返したり、ピアスをたくさんあけたり、入れ墨を入れたりもします。

痛い事に快感を覚えるのもACの特徴です。

私の親は無関心ではなかったのですが、過干渉でもなかったように思います。ただ、親の指示が絶対で自己主張はあまりさせて貰えませんでした。

そういった面で親の敷いたレールを行くといった点で過干渉だったんのでしょうか。

私はM体質です。

依存

性癖がある

SM,ビアン、ホモ、スカトロ、レイプ、ロリコンなどアブノーマルな思考を好みます。

普通のセックスでは少々物足りません。

y∂ s∂†oさん(@ayasato_official)がシェアした投稿 – 依存が強い

音楽、アニメ、絵画、食、恋愛、ダンスなどに依存しています。五感に働く芸術的なものが大好きです。

その手の好きな物を極めて、職にしている方もいます。

ただし友達や恋人への依存はうまくいきません。人間関係の構築がむずかしいのです。

恋愛の傾向

常に好きな人を追いかけています。片思いでも両想いでも。

好きになるとストーカーになりやすいです。

自己肯定感が非常に低いので自分をすごく低く見積もって、好きな人を崇拝するレベルです。

相手が「こいつ使える」と思うと、セフレにされたり、貢がされたりします。それでもACは離れようとしません。「こんな自分でも付き合ってくれているから。」と依存気味になります。

依存なので相手に「重たい」と言われ別れられます。

別れる時は自分の体の一部が引きちぎられる様な感覚におちいり、凄い不安定になります。

そこから、拒食症や過食症になる人もいます。

寂しさがゆえに引きずりながらもパートナーをまた探します。

友達関係

輪の中に入る事が苦手なので、ボッチな人に近寄っていって仲良くなります。

その子が他の友達と仲良くすると嫉妬を覚えます。

次第に友達の方がうっとうしくなってきて距離を置かれたりします。

そういったことがあり、ACはやがて人間不信になります。

このツイートはしっくりくる。

友達にも恋人にも嫌われたくない、見捨てられ不安なため顔色をうかがい方は尋常じゃないです。

宗教

昔から自分は人とは違うと思って生きてきたため、宗教の勧誘で思想をのべられると素晴らしいと思いそのままどっぷりつかってしまう事があります。

また、右翼、暴力団、やくざなど反社会的な団体に憧れを持つ事もあり、軽い気持ちで足を入れる事もあります。

麻薬

ドラッグやマリファナなどに溺れている人もいます。これは音楽関係にいると手に入りやすかったり、周りから誘われたりするからです。

空虚感を薬で満たしている人もいます。

ACは常に高揚感を求めているのです。

サイコパス

サイコパスとは・・・

出典元:wikipedia精神病質

AC=サイコパスではありません。

サイコパスの人は、ACなのです。

小さい頃のトラウマでサイコパスになりうるのです。

ACの方におすすめの本 ↓↓↓

私はACが回復した今でも性癖はありますし、音楽依存症です。ただ、回復前と変わった事は他のジャンルも受け入れられるようになりノーマルでも大丈夫になりました。

今の日本はACの宝庫です。その裏には、先代時に戦争がありました。

また、地震が多いのもこの国ならではでショックを受ける方が多いのです。

ACの人が育てた子供は必ずと言っていいほどACになります。これを繰り返さないためにもまずあなたが回復のプロセスに励んでください。

スポンサーリンク

トップへ戻る