パチンコ屋さんからコンビニに転職したのでお伝えします。

「一年したら必ず戻ってきます。」おっきなお腹を抱えながら、パチ屋を後にしたんだけど。

帰ってこれなかった。あんだけホームだった場所が、戻ろうとしたときのアウェー感ときたらかほこのママがハートの陣地から出た感じみたいになってたんだけど。

「戻ってきてもシフトあんまいれれないっすよ?」「ゴニョゴニョゴニョ▼%$♡□」「・・えぇ?聞こえませんで?」「がっつり入り▼%$&&」「えぇー?」みたいな。

ようは、育休貰って一年して戻ろうと思ったら、上司みんな変わってて「シフト確保できないから」って自主退社させられちゃったわけ。

でもね、最近聞いた話なんだけど、上司に言われたは言われたんだけど違った。

バイトの一人(シフトリーダー)が自分のシフト確保のために私を辞めさせたかったらしい。だから、上司使って私を落としいれた。

しかもけんかして仲直りして、心通い合っていたと思っていた奴に。
まあ、今さらどうでもいいんだけど。

転職しました。

パチ屋→コンビニ・・・。

なんともね。ギャップがありすぎて「はん?仕事ってこんなに楽にこなせるっけ?」てな感じでいかにパチ屋がきつかったかって身を持って体験した訳なんですが。でも、給料のギャップもありすぎて、生活困窮しているからせっせこブログを書いてます。

・・・うん、ちょっとね。場所が失敗した。
出来る事なら、ひっそり働きたかった。もう、あのパチ屋から私の存在消して?って感じで、いや、誰も覚えてないかもしれないけど。それほど、顔、うっすーーーいし。

えっ?醤油?薄口の方の?は?なんだ。シャビシャビの昆布だしかよ、、、。てか、味ねーし!ってぐらい薄い顔。

なんなら、おんなじ人に違う日にクラブで3回もナンパされたし。その彼、濃すぎて、トンカツソースかよっ!ってぐらい濃すぎてこっち一発で顔覚えたのに、3回もナンパしてきやがって、いや、たぶんシャビシャビの昆布だしがお好みだったのかもしれないけれども、やっぱ言ってやったよね。

「あなた、ふざけてるんですか?私にナンパするの3回目ですよ?毎回断ってますけど、いいかげん顔覚えてくれません?なんなら、名札貼っときましょうか?」って。そしたら、どろどろのトンカツソースが「ご、ごめん!!」って言ってたよね。

まあ、そのトンカツソースは私の友達の元彼だったんですけども。その元彼女はおめめぱっちりの目鼻立ちのいい、トンカツソースでした、、、。なんだ、味気ないの好きじゃないじゃん。

それぐらい、人に顔覚えて貰えないんだけども。

前のパチ屋から歩いて10分ぐらいの所だった。(面接いって初めて知った。)そりゃあ、来ますわな。パチヤの常連たちが!!5人ほどお見かけしましたが未だお声はかけられておりません・・・・。

そんな感じで、今日はコンビニ物語をお送りいたします。

コンビニで働くいきさつ

私、ちょうど高校生の時に初めてのバイトでコンビニで2年半働いていたんです。王道。
当時は酒屋さんの延長な感じで、ほんとお客さんものんべえのおっさん達がたむろするような感じだった。

そこで初体験をするわけなんですが。
イヤン(///▼///)

なんせ、店長が変態で変人でちゃらんぽらんな人だったんで、あんまりちゃんと仕事教えて貰ってなかった。隙あらば仕事教えるより、チューをしてくる。いや、忍者のごとくかわしてましたので未遂に終わってますがね。はっきり言ってセクハラですよね。はい。オエ――――。

そんなコンビニ時代を経て、まさかのまさかの、また君臨するとは、、、思ってもみませんでした。

この、新しくオープニングしたコンビニにまさかのまた、再就職したわけでありますが志望動機はといいますと、保育園に「いつから仕事ですか?」ってせかされていたのと、子供が大のコンビニファンで「コンビニっていいよね~。スーパーは広すぎてどこに物があるかわかんないけど、コンビニはちょうどいい。」と、いつぞやの北海道のサバイバー男子にそっくりなうちの息子が言うんですよね。「あ、そうだ、ママ。コンビニで働いてよ!!そしたら僕ママのお店行くから!!」って続けて言うんです。

さあ、困ったもんだ。

息子に来られたら恥ずかしい。。。だって、家の近くのコンビニに毎日通ってなぜか貰ったおこずかいを10円玉にひっきりなしに両替して、店員に「10円小僧」なんて呼ばれているらしい。

「十円小僧のお母さん」のレッテルはまのがれたい・・・。

でも、息子の期待には応えたい。

だからね、自転車でこれなさそうな距離の、でもあまり遠くなさそうな所を選んだわけですよ。そしたらまさかのパチ屋に近い場所だったとは、、、。

そして、面接行ってびっくりです。オーナーが中国人のピチピチの20代。(風貌は30代)
働いている人は、中国人とネパール人とベトナム人と日本人。まさかの、コンビニでグローバルになるとは思ってなかったよ。。

今、外国人の働くコンビニ増えたけどね。

そのコンビニに無事面接が通り、息子のあこがれの働いている訳であります。

スポンサーリンク

履歴書

パチ屋の常連さんって、たいがいおんなじ顔ぶれでお年寄りか、もしくは障害年金貰ってる方か、生活保護の方の憩いの場となっておりました。(実際に本人たちに確認済み)

だから、名前は知らないけど顔を知ってる人がいっぱい居るんです。

その常連さんが私の働くコンビニにご来店。もちろん、相手は私がコンビニで働いている事なんか知らなくて、ふら~と入ってくるわけです。

その方は毎日居た、おじちゃん。でも、一度も接客した事はないと思います。(交換ぐらいはやってるかも。)

目が合った瞬間「!!!!???」たぶん、きづいたのでしょう。

でも私は、ひっきりなしに目で訴えました。「しゃべりかけるな。しゃべりかけたらブッコロスぞ。<(`^´)>」

とんでもないオーラをかもし出したので、(たぶん私の背中あたりからモヤモヤが出てたと思う)なんとか、常連さんは違うレジに行ってくれました。ふう~~

それでも、その一人にはそのオーラで撃退できましたが、やっぱり、うん、来るわけです。

次の人は、チョット若め(って言っても40代であろう)のお兄さんご来店。
“いっつも、100円玉がサンドに入らなくて(サンドとは台と台の間にあるコインをいれる所)呼び出しランプ押されて、新しい100円玉に変えにいったっけ~。”なんて思い出にふけながらいると、

お兄さんまさかの!!!私を呼ぶ素振り。しかも、なにかをひっきりなしになにかを探してるんで目が合わない。

「ちょ?求人案内ない??」

おーーーっと。まさかの、就活デスカ?やっとパチンコ通いから抜け出しマスカ?「あ、はい。無料版と有料版とありますけど??」と聞くと、そのタイミングでお兄さんが私の方を向いた。

「?!#&%!」

うん。なんか言いたそうだったけどね。たぶん、どこで見たか覚えてないでしょ?
ほら私、さっぱり醤油、、、昆布だしだからね!!!

だから、ふつーに接客しました。「こちらに、有料版がありますので両方お持ちしてはいかがですか?」

「んーー、ああ。これ履歴書ついてる?」「はい、一枚だけ。」「一枚だけかー。間違えたらなあーー。」「でしたら、履歴書を買われて無料版をお持ちになられてはいかがですか?」「そうするわ!!」

ほんと、ふつーに。ふつーすぎて笑える。そして、就職しようとしている所にまたクスッと笑ってしまった。

それ以上、そのお客様はなにも降れずに履歴書を買ってお帰りになられました。

私をそっとしといてくれて、ありがとう。放置プレイ大好きよ。

ガードマン

さて、ところ変わって仕事からの帰り道。(歩き)

たま~に、いるじゃないですか?ユニークなガードマン。
今日もね、見つけたわけです。

あの、ヲタが持ってそうな赤にピカピカ光る棒を持ってフルスイングしているガードマンが!!!!

けっこう、好きなんですよ。パフォーマンス見せてくれる人。なんで、まじまじと見たわけですよ。

????!!!!!

いました、ここにも。パチ屋の常連さんが。
びっくりしました。私の居た時間だいたい打ちに来てたんで。まさか、お仕事されてるとは、、、。

横を通る時、「はい、きおつけてくださいね~」ってご丁寧に、赤い棒で道をさえぎって私を通らしてくれる。

お客と店員の立ち位置が、ひっくりかえった瞬間になりました。

この方は、やはり私を覚えてないみたいで普通な対応でした。
くどいですが、昆布だしですから。、、はあ。豚骨ぐらいぎっとぎとになりてえ。

なにが言いたいかといいますと、生活保護受けてパチンコに入りびたりだと思っていた人達がちゃんと働いてお金儲けて遊んでいるという事に感動しました。もちろん、生活保護の人もいらっしゃるのでしょうが、みんながみんなそうではないという事を知りました。

この事実は私がコンビニに転職しなければわからなかった事です。
少しだけ私の中でドラマが生まれた瞬間でありました。

おわり

このページへチップをスロー

~Hana~

スポンサーリンク

シェアする

フォローする