上司とガチでやりあったんで、ムカつく上司の対処の仕方お教えいたします。

こんにちわ、Hanaです。

今回はクソ豚野郎ヲタ上司、クマモンの話をしたいと思います。

出会いは必然

そう、あれは私が仕事にだいぶ慣れてきた頃、「羽ものってなに?表づまりだぜ。羽開けて、玉入れなきゃ。え?乳頭口とかどこよ?」(正しくは入賞口です)とアタフタアタフタしながら仕事をしていたわけです。

そんなときです。「あしたから人事移動で、マネージャー1人くるから。」と店長にいわれました。

「まじ?!イケメンすか?イケメンしかいらないっすよ!」と自己都合を報告するも、「いや、、、問題児、、、」とイケメンかどうか聞いてるのにその事については報告してくれないキムニイ店長。

私はパットいっぱい入れて、矯正下着つけて、胸を膨らませながら次の日を迎えるのでした。

・・・・・・・・。

結論、プライドの高いただのデブでした。パットいらなかった。

その時、私の頭の中である言葉が連呼されました。

「ここの店舗のマネージャーはね、廃人のあつまりなんだよ。他店で使えなくなったヤツが最後行き着くところがここなんだよ。ようは、カスの集まり。」って入りたて当初、B子ちゃんが私に教えてくれました。

たしかに、人の目見て話せなくて常に挙動不審でタマが大きいやつ(キムニイ談)、ビルがひたすら好きでお客さんに絶対からまれるヤツ、カツラで勢いあまるとずれる奴(病気なんでしかたがないが)、ベジータなどなどおまいら社会にでたら絶対通用しないよなって奴らばかりでした。

その中に新入りクマモンが配属されたわけですが、意外に???パッとしない普通のデブだったんです。歳は私とタメ。上司がタメって私も歳食ったもんだと思いながらパッとしない普通のデブを鑑賞していました。

ちょうどその頃、お客さんでクマモンを追いかけてうちの店舗にくる人がいました。
その人が言うんです。「あいつ、前の所でめっちゃ嫌われてたやろー。あいつ性格最悪やからな。」いやっ、知らんがな。

「そうなんですかあ?今は普通ですよ。」

そんなに?

仕事中に何やったらそんなに嫌われるの?まさか、インカムで「アムロが反抗期でホワイトベースを抜け出して、、、」と語ってしまったのか?※クマモンはガンダム好き
そりゃ嫌われますわ。と頭の中で回想しながらも、ボロッカス文句いいながらもクマモン追いかけてはるばるうちの店舗にくる客も頭いかれてんなぁと考えていたわけです。

そのうち、かぶっていた猫もそろそろはずれてきてボロが出てくるわけですよね。
配属されて、3か月目ぐらいからあきらかにクマモンが「調子のっちゃって」なわけですよ。

インカムで、あきらかに機嫌の悪い態度とったり、部下の受け答えに無視とかしちゃってるわけです。
しかも、「こいつは強くゆっても大丈夫。こいつはダメ。」と顔色伺ってるじゃないですか。

その、こいつは強く言っても大丈夫ってやつに私は認定されたわけです。
ある日クマモンの腹の虫が悪い時に「は?」とか、「いま、そんな事ゆってねーだろー(-_-メ)」とか、あきらかに不機嫌な態度をとられたわけですよ。
しかも、先輩には「あ、それはそのままでいいよー!!」って対照的な態度だったんですね。

ちょ。

そんなあきらかな態度だれでも、むかつくよな。むかつく。
私は感情が表にあらわれやすいからとくに。

すぐさま、自販機で作業しているクマモンに対して「そんな言い方なくない?ちょっとバックヤードこいや」ってけんかを売ってしまいました。

私はバリバリのヤンキーでもなければ、極道とかそういった道も無縁です。ほんとふっつーの主婦。
普通の主婦が、涙ながらに顔をぐしゃぐしゃにしてパチヤの上司怒鳴るさまは明らかに負け戦であり、あきらかにアゴで「こいつなんか言ってるわ。」ってあしらわれる光景でありました。

わたし、仕事できないしね。仕事できない部下の発言なんて鼻くそでしょ。

でもね、クマモンは違ったんですよ。
私が必死に「そんな言い方なくない?もっと言い方あるでしょ。同じ発言でも機嫌悪そうにインカム入れる事によって“ホール全体”の雰囲気がブチ壊れるんだよ。顔しかみえてないお客様にとってスタッフの怒った顔みて気持ち良く遊戯できるとおもう?できない。できないでしょ?!」ってもっともらしい事いってやりましたよ。ええ。

あ~~~ハンドル持って、たばこふかしてひたすら液晶見てる客にスタッフの怒った顔なんかあまり見えてないとおもいますがーーーー。

まあ、そなへんはさておき、クマモンの心にしみたのでしょうか?

次の日から、やばいくらいコビ売って来るし、やばいくらい休憩かぶらしてくるし、お菓子勝手に食べても怒らないし、勝手にクマモンの弁当のメインから揚げつまみ食いしても怒らないし、なんなら近くのたこ焼き買ってきてくれるし、クマモンとかデブとかそのお肉とか、肉まんとか悪口言ってもホールできわどいシモ言っても返してくるし(シモ禁止になったから、遠回しの言い方)

もうね南極に北極ぐまがいますよーってぐらいに、クマモンはキャラが変わったんです。

スポンサーリンク

そしてクマモンは廃人以下になった

この度クマモンの永遠のライバル、ベジータがナメック星に帰らなくてはいけなくなりまして、さらにはおデブ仲間のハマチも移動、私も育休で一年おやすみ。クマモンの心のより所がなくなったのかクマモンが辞めてしまいました。廃人以下です。ニートです。

しかし彼はお金を持ってることでしょう。それに、有給もたんまりある。数か月は生きていけるでしょう。

バツイチ小梨、一人暮らし、お休みの日の生活圏は布団の中とたまにトイレ、ポテチとコーラを片手にひたすらゲームをやってるクマモンが辞めてどこ行くのーーーー???
ってゆうか、あきらかにヲタで俺様なクマモンがパチヤ以外で働けるのー???

先生は心配で仕方がありません。

つい先日、先輩にメールをしたわけであります。「クマモンの生存確認できてる?」と。
「クマモン、生きてるかわかりません。ちなみに会社の人と連絡すら取ってません。」

「先生が、クマモンの心配するなんて。あんなにやりあっていたのに。時代は変わる物ですね。」

そういえば、クマモンが優しくなったちょうどその頃に、先輩が辞めました。
なので、仲の良い私達は見てない訳であります。

上司には立てつけ。ただしどうなっても知らん。

結論、むかつく上司にはライオンのごとく吠えましょう。どうなっても知りませんよ。

過去に私は何回か上司に立てついて気まずくなって辞めた事が何回かあります。

こんな、クマモンみたいにうまく行くほうが稀です。でも、もし分かり合えた時のその絆は、「今頃、あの人どうしてるんだろ?」と離れてから思い出させるような、強烈ななにかを生む事はまちがいないです。

クマモン、あなたの嫌いなバードに私は育休狩りされました。もう戻れません、戻りたくありません。あなたがいれば、私は帰っていたんだろうか?でも、家族でもないし違う道を歩むのが普通だよね。いつかまた、同じ土俵に立ったとしたらその時は、コーラ差し入れするね。ばーい先生。

~Hana~

スポンサーリンク