小学三年生の息子君が取った奇跡の100点!!!

ニュースです!

うちの小学三年生(坊主)が、100点取りました!
しかも、苦手な国語で・・・

ま、まじかよ?!やったー!万々歳!!!!
思えば、三年前・・・とても悲惨な状態でありました。

放置プレイの子供達

当時、私はバツイチ子持ち31歳でした。離婚してからというもの、仕事と家事に明け暮れて子供と真正面から向き合う時間なんてありませんでした。
無法地帯の子供達。姉は、放置プレイの方が生き生きします。私が口出しするとプレッシャー感じてダメなタイプ。対する息子くんは、、、年長さんの時点で、自分の名前すらひらがなで書けませんでした。

「まあ、なんとかなるよね~」とのんきな母。
しかし、小学生にもなるとそうも言ってられませんでした。

入学して初めてわかる子供のレベル

保育園では全然わからなかった自分の子供のレベル。しかし、小学校に入学するとあらわになってきます。
私の教育のモットーは“バカでも心優しい子に育てばいい”と思っていたのですが、ひらがな・・かなり苦戦いたしました。暗記の苦手な弟君にとって、日本語のひらがなはとってもむずかしい。“あ”と“お”を間違えたり、“っ”をつけ忘れたり、“しゃしゅしょ”が書けなかったり。

しかも、授業中に教科書を立てて寝てた事があるとか(たぶん、つまらないから寝ちゃったのでしょう。)おいおい、一年生で聞いた事ねーぞ。
おかげさまで、通知表は「努力しましょう」のオンパレードです(*_*;

さすがの私もちょっと真剣に向き合わなきゃと思いました。
その時、彼からこんな話を聞きました。「興味がないとやらないよ。俺、ゲームで戦国無双やりだしてから歴史大好きになったもん。」
なるほど。良い事を聞いた。

と言う事で、ゲーマー一家は頭をひねりDSのドラガナというソフトを買ったんです。

意外と、楽しいみたいで毎日やっていた。うちの子はドラえもん大好きだったんで特によかったのかも。でも、近所のガキに貸してやったらまったくと言っていいほど見向きもしんかったらしい。
ただ、このソフトの良い所は需要が結構あって流行り廃りがないので、某中古サイトで結構なお値段で売れた!何百円でひらがな覚えれたら良くない?
しかもなぜだか、DSのソフトの方が高等化している・・・。売らずにもっと眠らせとけばよかったぜ。

二年生は辛かった

そんな息子君、先生が新人の若い男の人と言う事もあり二年生の勉強は追い打ちをかけるように嫌いになっていきました。
宿題が山のように出て、授業も楽しくないのか勉強で泣く毎日。「僕もう、学校いきたくな~い!」と言いながら全然わかってくれない勉強を怒りながら教える毎日。

わからない→怒りながら教える→怒ってるから余計に入ってこない→やる気の無さにさらに怒る
この無限ループに私達ははまっていました。

その時の答案用紙がこちら。

おいおい、、、なぜ、きつねは、すぐにひよこをたべなかったのですか?→やさいだから  爆
しかも「やさしい」が「やせしい」になっちゃってるよ(・・;)

音読でも、様子の事を「ようこ」と読み、「ようこ誰だよ~」となる始末。
もちろん通知表は“努力しましょう”のオンパレード。、、いつも言う言葉は「よくできましたはなくても良いから、せめて全部普通になろうよ」でした。

スポンサーリンク

転機が訪れる三年生

そして、三年生。なななんと、あののび太君みたいな点数ばかり取ってきた息子くんが80点とか90点のオンパレード!!!!
しかも今回100点まで取ってしまった―ーーーー\(^o^)/うれしいです。こんなにうれしい事はあるのでしょうか?

塾などにも行かせていませんし、私もチビにいっぱいいっぱいで向かい合っていない・・・
しいて言えば、おばあちゃんが買ってきてくれたうんこドリルと

進研ゼミぐらいでしょうか?
どちらにしてもあまりお金はかけてません。

息子くんに話を聞いてみると、どうも先生が良いらしい。楽しい授業をやってくれるし、宿題も無理なくこなしている。そういえば最近勉強の愚痴を聞いていない。
そうか~~先生によって成績がうんと変わるのか~。

というわけで、世の中の先生方楽しい授業をよろしくお願いします!!!!!

~Hana~

スポンサーリンク