赤ちゃんのアトピー性皮膚炎が治ったので、自信を持って情報を公開します。

こんにちわ、Hanaです。

今回は赤ちゃんのアトピー性皮膚炎にスポットライトを当てていきたいと思います。

本気で治したい方はくまなくこの記事を読んでください。

まずアトピー性皮膚炎って??

アトピー性皮膚炎とは・・・アレルギーの一種で皮膚に炎症が起きる病気。名前の由来として「奇妙な」とか「不思議な」という意味がある。

なぜ皮膚炎として起こるかは医学的に解明されていない。

というのも、一人ひとり症状が違います。

体の中から出てくる痒み(体の中の不純物)に対して原因を取り除いてあげなくてはいけないのに、ステロイドを使ってフタをしたのでは痒み(体の中の不純物)の出ていく場所がなくなり、やがて体の中で悪さをしだします。

ちなみに私は漢方内科で「極度の貧血で皮膚に栄養が行っていない」と診断されました。私のアトピー性皮膚炎は貧血からのものでした。

赤ちゃんは皮膚のバリア機能が本当に弱いです。

お腹の中で水の中にいて、いきなり空気にさらされて、皮膚にダメージがないわけがない。

その事を踏まえた上で、次の章に参ります。

ステロイドと同じ効果のあるもの

産まれた時から、乾燥肌でした。他の子よりもあきらかに。

上の2人の時も、乾燥肌でしたが治療せずに放ったらかしだったんです。

「ステロイドが良くない」と知っていたから。上二人は、しらずしらずのうちに乾燥肌も治っていました。

だから、3人目もステロイドは塗らずに何かいい方法がないかな?と模索していました。

そんな時に出会ったのが、“グリチルリチン酸”入りの入浴剤。(詳しい商品名は伏せます。)娘が半年ぐらいの時です。これがダメだった。

少し荒れていた肌にみるみる効くこの入浴剤。『スゴイ!!これは、ステロイドじゃないしいいんじゃないか!!』と大発見な感じで毎日入れて入浴させていました。

次第にツルツルな肌になった娘。たまには入れないで入ってみるかーと気まぐれで入れなかった日。

夜中痒がって大泣きでした。

なんか嫌な予感がした私は、成分を調べてみる事に・・・。そこには、衝撃な記事がありました。

グリチルリチン酸が、アトピー性皮膚炎に「効いた」場合の作用機序は、「抗炎症作用」によります。 つまり、免疫が抑制されたことで、炎症を抑え、その結果、皮膚の赤みやかゆみが緩和されることになります。 この作用機序は、ステロイド剤の作用機序と全く同一であり、「効果が得られた」際のリスク、つまり副作用も、 ステロイド剤の副作用とほぼ同じです。
もちろん、ステロイド剤による薬理作用とグリチルリチン酸の薬理作用が全て同一ではありませんので、 ステロイド剤の連用により生じる副作用と全く同一というわけではありません。 しかし、 ステロイド剤の副作用で最もやっかいといえる「リバウンド症状」については、 同様の症状が現れることがあります。

出典元:アトピなび

まじかよ・・・。

散々ステロイドから離れて生活して来たのに、娘も私も入浴剤を使用してしまった。

むしろ、うちの家族みんな・・・。

いいですか、みなさん。“甘草エキス”“グリチルリチン酸”と呼ばれる物は天然のステロイドです!!!

ステロイドと同じ作用を起こします!!

よって離脱症状もでます!!!

グリチルリチン酸の離脱症状

それからは痒みとの戦いでした。グリチルリチン酸の離脱症状です。ちなみに私も背中に痒みがありました。上の子二人もなんだか肌がまだらになったり、関節が痒くなったり。

一番下の娘はご飯を食べたり、寝る前や夜中など体温の上がる時に痒いので大泣き。

やがて1歳になると同時に保育園に入った娘。

この頃になると私も社会復帰して、ヘトヘトでした。

娘の肌の調子は、すごくひどいわけではない。まだこの時点では。

でも、背中が痒そうでひっかき傷をよく作ってました。

一歳半ごろになると、保育園の先生やお医者さん、旦那にまで「こんなに痒がってるんだからステロイド塗ってみれば??」と進められました。

ステロイドの怖さを身を持って体験している私は断固として拒否していたのですが、『変な宗教に洗脳された人』扱いの空気になり、折れてステロイドを使用する事に。

もとはといえば、グリチルリチン酸の入浴剤を使わなければこんな事にならなかったのに。

これが地獄の始まりでした。

スポンサーリンク

ステロイド離脱症状の地獄

お医者さんでもらったステロイドは二番目ぐらいに弱いステロイド。

それを痒がってる娘に塗って、私も一緒に診てもらったので一緒にステロイドを塗る事にしました。

なんだか、皮膚が突っ張って、表面はいったん見かけはよくなるんだけども、中からチクチク痒い。

手荒れも関節で曲がったまんま皮膚がくっついていく感じ。

これ、、、治ったわけではないよね??

娘も治らない。

一週間ぐらい塗ったところで効果が薄かったのでステロイドを止めました。

すると、二日後ぐらいに娘も私も離脱症状が出始めました・・・。

皮膚から汁がふきだしてみるみるうちにぐちゃぐちゃになっていきました。

痒い。痒いし、痛いし、臭い。二人して、掻きまくりの毎日でした。

これ、恥ずかしいけど私。

さらには、ステロイドを塗っていない関節や、うちももなどにも痒みが。

娘はお腹がべろーーんと皮膚が向けました。

お風呂は一苦労です。しみて痛いので、二人で泣きながら入ってました。

夜中にも痒くて起きる娘。

背中をさすって寝かしつけるのですが、こちらも眠くて手が止まったりするとまた泣き出しての繰り返し。長い時は寝かしつけるのに二時間とか戦っていました。

もうお手上げ状態でわらにもすがる思いで、漢方皮膚科に行きました。

そこで差し出された、ワセリン。

これも治るのに妨げとなるなんて知らなかったです。ようは保湿はだめ。皮膚の自己治癒能力を復活させなきゃダメなのです。

ワセリンを使うと治癒能力が怠ける。

「また、ワセリン塗ってもらえるし~」って。だからいつまでたっても良くならない。

それ以上悪くもならないけど。

ステロイドの試用期間と離脱症状の出る期間

色々な情報が飛び交ってる中で私は自分が散々ステロイドの離脱症状で苦しんできて、いったんは治ったので、その情報の良し悪しを判断する事ができました。

まず、ステロイドの使用期間=離脱症状の期間、これは比例といいますかステロイドの試用期間が長ければ長いほど離脱症状の期間も長くなります。

実際私は、20年ほど使ってきました。

離脱症状が出てから今4か月ほどたちますが、まだ完全には治っていません。だいぶ良くはなりました。このままいけば、完治もできるだろうといった具合です。

でも、今回の離脱症状はといった感じで、過去にも何回かおしりで経験しています。背中は初めてです。

対する娘は試用期間1週間ほどだったので、3か月ほどでツルツルになりました。それでも3か月は苦しみました。離脱症状は酷いものでした。

夏休みが終わってだいぶ治った頃に保育園に行ったら、保育園の先生がみんな驚いて、「どうやって治したの?!」と口ぐちに言われました。それぐらいビフォーアフターがすごかったです。

私がやった治療方法

ステロイドを長い期間、広範囲にわたって使用している方は医師のもとで行った方が無難です。

なぜなら、皮膚にブドウ球菌などがついて、危ない目にあう人もいるからです。

それと、覚悟が必要です。仕事に余裕があったりゆっくり休める方にお勧めします。

塩素除去

まずは、お風呂。

お風呂のお湯の中に塩素が残っていてこれが刺激になります。

なので、わたしはお風呂に塩素中和してくれるビタミンCを入れました。もちろん、洗い流すときも全部このお湯です。

こちらは、本当はシャワーヘッドにセットする粉なのですが私はお風呂のお湯に入りたい人なので粉を直接風呂釜に入れてます。

量的には賃貸の足も延ばせないような狭い風呂釜に2g程度で十分です。

最初はヒリヒリして鉄臭いかもしれませんが、このお湯につかっているとびっくりするぐらい肌がもちもちになります。

こちらを使っていると塩素は本当に皮膚に悪い事が実感できると思います。

ただ、塩素を中和させてしまうので次の日に残り湯で洗濯はできません。(異臭がする)

また、シャワーヘッドも売っているのでこちらを使ってもよいかと思います。

上の粉と合わせて併用してください。

塩素除去は絶対にやってください。娘は治った今でも普通のお湯に入るとまた痒がります。

よく考えてください。洗濯に使う塩素系漂白剤。

手で危うく触ると、皮膚が溶けてヌルヌルしますよね。皮膚が弱い方は水道水に混ざっている少量の塩素でも皮膚に炎症をおこします。

また、石鹸は固形の無添加がおすすめです。皮膚がただれているときは無理して洗わなくてもお湯につかるだけで十分です。

腸内環境

こちらは、赤ちゃんだからかすごく効きました。腸内環境が良くなって免疫力があがったのだと思います。

残念ながら私に効果はありませんでした。飲むタイプにしたのは赤ちゃんだとタブレットを喉に詰まらしたら嫌だなと思ったからです。

飲んでも害はないなと思ったので、少しでも安くなるならと毎月の定期購入で頼みました。

その他きおつけた事

仕事との両立でだいぶ疲れていたので、がっつりやったわけではないのですが、洗濯洗剤を無添加にしてみるとか、ほうれん草は痒くなりやすいので食べさせない(小松菜など他の物で代用、ただしドリンクなどに入っている物は飲ませていた)など、自分で気が付いた事はやっていました。

でも、実際に治療にきいたかっていうとそうではなくて、悪魔で痒みを軽減させるための得策であって、根本的解決にはつながっていません。

根本的な解決は治癒能力を高める事これにつきます。

早寝早起きをするとか、バランスのいい食事を取らさせてあげるとか、当たり前の事で良いので心がけてください。

治った肌の画像

少し、黒ずみの跡が残ってますが生で見ると気にならない程度です。

膝のうらの関節も綺麗になりました。

お腹もきれい。

なにより、ぐっすり寝てくれるので子供も私も睡眠の質が良くなりました!!

その他、聞きたい事がありましたら、気軽にご質問ください!出来る限りこたえます。

みなさんのアトピー性皮膚炎が良くなりますように!!!

スポンサーリンク

トップへ戻る